育て方のポイント|育て方から増やし方までしっかり確認できるアジサイ情報
アジサイnews

アジサイnews

色んなポイント

育て方のポイント

紫陽花

育て方のポイント

アジサイの育て方ですが、その中でも押さえておきたいポイントがあります。それは日当たりと風、水やりや剪定、そして植え替えについてです。これらは花を綺麗に咲かせるだけでなく、翌年も綺麗なアジサイを楽しむためには確認が欠かせないのです。どのような情報か見ていきましょう。

日当たりと風

アジサイの特徴ですが、日当たりが良い場所を好み、寒さに強いというのがあります。これらの特徴があるからといって、ずっと日光に当てておく、寒い日に外に出しっぱなしにしておくのは駄目です。これでは逆効果で、成長に妨げにつながります。特に日当たりの場合、強いところに置いておくと色が汚くなるだけでなく、葉が日に焼けてしまいます。また、寒い時期は花や枝が痛む恐れがあるので室内で育てましょう。

水やりと剪定

アジサイは水が大好きな花です。といっても水を与えすぎてしまうと根腐れを起こしてしまうので、適量の水を与えましょう。ベストなのは土の表面が乾いてきてから、水をたっぷり与えるという方法です。そして剪定ですが、花が咲き終わってから後すぐに行う必要があります。そうすることで、翌年も花を咲かせてくれます。また、時期的には七月ごろになります。

剪定の注意

アジサイの剪定ですが、ただやっておけばいいというものではありません。アジサイの剪定にもポイントというものがあります。まず剪定箇所ですが、これは花から二節下の部分になります。切りすぎてしまうと花が咲かなくなってしまうので、注意して剪定を行いましょう。

植え替えについて

アジサイの植え替えですが、これは一年に一回行う必要があります。時期は特に決まっていませんが、剪定と同じように花が咲き終わってからが良いでしょう。鉢植えの場合はアジサイより一回り大きな鉢に植え替えます。庭に植える場合は休眠期の冬に行いましょう。